トップページ手軽に誰でも楽しくクラフトバンドの作り方講座>「バッグ」で作り方をマスター!~平編み&八の字かがり

「バッグ」で作り方をマスター!~平編み&八の字かがり

 

「八の字かがり」平編みと組み合わせてバッグを作ります。

「八の字かがり」を取り入れると、作品がとってもファンシーな雰囲気を持つようになります。世代を超えたライトバッグとしても活躍するでしょう。

 

バッグ製作のための道具等の準備

★初めに用意してください。

鉛筆 メジャー ハサミ ボンド

直角定規 セロテープ PPバンド

ウエットティッシュ 洗濯バサミ

スプレー(完成後につや出しと保護の為)

霧吹き(形を整える時使います。)

ボンドを着けるへら(テープの切れ端)

使用したテープ

 キャラメル 約24m パステルバニラ 約2.3m

※テープによって厚みが違います。13mm~16mmです。厚みが違えば仕上り寸法も変わってきます。

 キャラメル、パステルバニラは約15mmです。

テープの裁断

寸法

 1.横 紐

   25× 6本( 8本幅) キャラメル

   75× 5本( 6本幅) キャラメル

 2.縦 紐

   60×13本( 6本幅) キャラメル

 3.始末紐

   11× 2本( 6本幅) キャラメル

    ※後で余分はカット

 4.補強紐

   25× 2本( 8本幅) キャラメル

 5.編み紐

   74×15本( 6本幅) キャラメル

   74× 5本( 6本幅) パステルバニラ

 6.クロスひも

   300×5本( 2本幅) キャラメル

 7.縁 紐

   74× 3本(12本幅) キャラメル

 8.縁クロス紐

   500×1本( 2本幅) キャラメル

 9.持ち手

   160×2本( 8本幅) キャラメル

10.持ち手巻き紐

   330×2本( 3本幅) キャラメル

11.ボタンかけループ

   140×1本( 2本幅) キャラメル

    70×1本( 2本幅) キャラメル

    20×1本( 2本幅) キャラメル

テープの裁ち方

 520cmのテープを2本幅2本と8本幅に割き、持ち手、横紐、縁クロス紐など取ります。

 330cmのテープを3本幅2本と6本幅に割き、縦紐、始末紐、持ち手巻き紐を取ります。

 縦紐60cmを4本、横紐75cmを3本カットして6本幅に割きます。

 

さあ、本製作です!

 横紐25cmの中心に印を付け始末紐に直角に貼ります。

 横紐75cmを中心に印を付け貼ります。

 横紐25cmと75cmを交互に貼ります。始末紐の余分はカットします。

 縦紐60cmを中心に印を付け左右に貼ります。

 2本一緒に交互に差し込みます。

 左右に開きます。

 10本差し込み開き、真ん中に1本差し込みます。

 均等に並べます。。

 補強紐を上下に貼ります。

 底をボンドで固定します。

 立ち上げます。

 編み紐を底と井桁になる様にこの位置で洗濯バサミで固定します。

 一周してのり代を決めてボンドで固定します。

 ここでののり代は2cmです。

 のり代は内側からも外側からも見えない様にします。

 74cmの編み紐を2cmののり代で14本輪にします。

 6段編みます。

 色違いのテープを側面にボンドで固定します。

 クロス紐を内側でボンドで固定します。

 写真の様にテープを巻きます。

 引き締めます。

 上の部分も写真のように巻きます。

 一周して編み始めにボンドで貼り合わせます。

 クロス紐の編み終わりは内側にボンドで固定します。

 1段編んだ所です。

 3段編みます。

 輪にした編み紐を6段編みます。

 八の字かがりを2段編みます。

 輪にした編み紐を3段編みます。

 縁紐を編みます。

 前後に折ります。

 差し込みます。

 縁紐2本を一部ボンドを付けて内側と外側を洗濯バサミで挟みます。

 クロス掛けをします。

 一周したら戻ります。

 編み終わりをボンでで固定してクロス掛けの完成です。

 持ち手を付けます。外側から差し込んで10cm位出します。

 持ち手の反対の端を外側から差し込みます。

 内側から外側に出します。

 外側から差し込んで10cm位出します。

 バランスを整えて洗濯バサミでとめておきます。

 持ち手巻き紐を半分に折り持ち手の中心から巻いていきます。

 編み終わりはボンドを付け内側に差し込みます。

 本体の完成です。

ボタンかけループを作ります。

 140cmを半分に折り70cmをボンドで貼ります。

 三つ編みをします。

 34cm編みます。

 輪に1本通します。

 本体に差し込みます。

 内側で結びます。

 ボタンを結びます。

 本体にボタンを付けて完成です。

 アクセサリーを付けてもいいですね。

 アクセサリー の作り方へ

 

エムズファクトリー

トップページに戻る