トップページ手軽に誰でも楽しくクラフトバンドの作り方講座>「バッグ」で作り方をマスター!~あじろ編み

「バッグ」で作り方をマスター!~あじろ編み

 

「あじろ編み」の基本の編み方でバッグを作ります。

「あじろ編み」は、基本であっても、作ってみるとなかなか重厚であり、バッグを作る時の編み方として大変重宝します。

このページで編み方の基本を押さえ、バッグ作りに一層の楽しみを感じていただけたら嬉しいですね。

 

バッグ製作のための道具等の準備

 初めに用意してください。

 鉛筆 メジャー ボンド ハサミ 洗濯バサミ

 直角定規 ウエットティッシュ PPバンド

 スプレー(完成後につや出しと保護の為にスプレーします。)

 セロテープ 霧吹き(形を整える時使います。)

 ボンドを着けるへら(クラフトバンドの切れ端)

使用したテープ

 ストライプレッドクレイ 約24m パステルマロン 約17m

※テープによって厚みが違います。13mm~16mmです。厚みが違えば仕上り寸法も変わってきます。

 ストライプレッドクレイは約14mm、パステルマロンは約15mmです。

テープの裁断

寸法

  1.横 紐    77× 8本( 8本幅)  ストライプレッドクレイ

  2.縦 紐    58×28本( 8本幅)  ストライプレッドクレイ

  3.始末紐     8× 2本( 8本幅)  ストライプレッドクレイ

  4.補強紐    27× 2本( 8本幅)  ストライプレッドクレイ

  5.編み紐    74×20本( 8本幅)  パステルマロン

  6.縁 紐    74× 1本(10本幅)  ストライプレッドクレイ

  7.持ち手    52× 4本(12本幅)  パステルマロン

  8.持ち手巻き紐 430×2本( 3本幅)  パステルマロン

  9.縁飾り紐   350×2本( 4本幅)  ストライプレッドクレイ

テープの裁ち方

 

 

さあ、本製作です!

  ストライプレッドクレイ

  上が12本幅  下が8本幅に割いたテープです。

  横紐77cmを8本並べます。

  中心から14cm位左端にテープを張っておきます。

  縦紐58cmを2本おきに差し込みます。

  1本ずらして2本おきに差し込みます。

  更に1本ずらして2本おきに差し込みます。

  更に1本ずらして2本おきに差し込みます。

  これで1パターンです。

  同じ様に4本差し込みます。

  これで2パターンです。

  全部で7パターン差し込みます。

  霧吹きを掛けて中心に寄せます。

  左右にに始末紐を貼ります。

  この位置をボンドで固定します。

  上下に補強紐を貼ります。

  立ち上げます。

  この位置で洗濯バサミをとめ、編み紐を一周します。

  ※位置を間違えない様に写真で確認してください。

  一周してのり代を決めボンドで貼ります。

  ここでののり代はは2cmです。

  のり代は内側にも外側にも見えない様にします。

  74cmの編み紐を2cmののり代で20本輪にします。

  輪にした編み紐を1段目から1本ずらして2本おきに

  編みます。

  3段目を編んだ所です。

  4段目を編んだ所です。

  10段目を編んだ所です。

  20段編みます。

  霧吹きで形を整えながら前後に折ります。

  端から5本目、6本目を残して1cmにカットします。

  ボンドで固定します。

  5本目と6本目を貼り合わせます。

  5本目と6本目に持ち手52cm2本を貼り合わせます。

  持ち手巻き紐を半分に折り持ち手の真ん中から

  巻いていきます。

  巻き終わりをボンドで固定します。

  内側に縁紐を貼ります。

  花の四つ編みを編みます。

花の四つ編みで縁飾りを作ります ※分かりやすいように色を変えています

  350cmの中心に写真の様に半分に折って掛けます。

  4を後ろに折ります。

  1を手前に折ります。

  4を1の上にします。

  3を後ろに折ります。

  3を2の上にします。

  3を後ろに折ります。

  3を4の上にします。

  2を後ろに折ります。

  2を1の上にします。

  2を後ろに折ります。

  2を3の上にします。

  1を後ろに折ります。

  1を4の上にします。

  繰り返して編みます。

  花の四つ編みの完成です。

  花の四つ編みをボンドで貼り完成です。

 

エムズファクトリー

トップページに戻る