トップページ手軽に誰でも楽しくクラフトバンドの作り方講座>「かご」で作り方をマスター!~よろい編み

「かご」で作り方をマスター!~よろい編み

 

クラフトバンドをマスターするための作り方をわかりやすく説明するページ。当ページでは、かごの製作を通して、編み方の一つである「よろい編み」を説明します。

「よろい編み」は3本の紐で編みます。3本の紐の色を変えても立ち上げた紐が6の倍数であれば色が縦に揃います。今回は1本だけ色を変えてみました。また違った柄になります。

完成写真 

かご製作のための道具等の準備

製作のための道具

初めに用意してください。

鉛筆 メジャー ボンド ハサミ 洗濯バサミ

直角定規 ウエットティッシュ PPバンド

スプレー(完成後につや出しと保護の為にスプレーします)

ボンドを着けるへら(クラフトバンドの切れ端)

 使用したテープ

 プルシャンブル― 8m パステルバニラ 4、4m

紙バンド クラフトバンド 定番カラーパステルバニラ12-50m

※テープによって厚みが違います。13mm~16mmです。厚みが違えば仕上り寸法も変わってきます。

 パステルバニラ、プルシャンブル―は約15mmです。

テープの裁断

よろい編みで大切な事です。横紐、縦紐、差し紐、全てを足した数が6の倍数にするとよろい編みの色が縦に揃います。ここでは24です。

寸法

  1.底組み紐     60×4本(12本幅)プルシャンブル―

  2.底編み紐    440×2本(2本幅)プルシャンブル―

  3.差し紐      28×8本(6本幅)パステルバニラ

  4.よろい編み紐  440×2本(4本幅)プルシャンブル―

            440×1本(4本幅)パステルバニラ

  5.内縁紐     120×12本(1本幅)プルシャンブル―

           60cmのブレードコード(インディゴブルー)でもいいです

テープのカット

 440cmをカットします。4本幅2本と2本幅2本に割きます。

 240cmで60cmを4本取ります。

 440cmをカットします。4本幅1本と28cmを8本カットします。

さあ、本製作です!

12本幅60cmの底組み紐を十字に組み、2個貼り合わせます。

底編み紐で追いかけ編みを1周します。

6本幅に割き追いかけ編みを4周します。

差し紐を2本おきに8本貼ります。

更に7周追いかけ編みをし、1周ねじり編みをしてボンドで止めます。

立ち上げます。

よろい編み紐3本を写真のように貼ります(真ん中に色違いを貼ります)。

1を2と3の間に通して3本先の紐に掛けます。

2を1と3の間に通して3本先の紐に掛けます。

3を1と2の間に通して3本先の紐に掛けます。

同じ様に1を2と3の間に通して3本先の紐に掛けます。

2を1と3の間に通して3本先の紐に掛けます。

3を1と2の間に通して3本先の紐に掛けます。繰り返します。

7周14段編みます。このような柄になります。

立ち上げた紐の長さを11cmにカットします。

3本先の紐にボンドで1cm位貼ります。。

写真の様に3本先にボンドで貼ります。

写真の様に3本先にボンドで貼ります。

全て貼った所です。

内縁紐を作ります。12本幅を全て1本幅に割きます。3本幅ずつ写真のように井桁に編みます。

ブレードコードの様になります。

内縁紐(ブレードコードでもいいです)を貼ります。

完成です。

 

エムズファクトリー

トップページに戻る